アルプスのふもとで農業体験

kosyu

ナンプス地方は甲州西郡(にしごうり、中巨摩郡中、北部)と言われ言葉使いは強く話をしているとけんかのようにも思われます。ここに伝わる方言を集めてゆきたいと思います。西郡は社会化の教科書にも載っているほど有名な御勅使川(みだいがわ)扇状地に広がる地域で今は釜無川右岸潅水施設で果実栽培が盛んですが30年ほど前までは月夜でも枯れるといわれたほどの乾燥地帯で産業が育たなく小説「甲州商人」のモデルとなったような行商が盛んな地域でした。そのナンプス特有な甲州弁を探して書いてみます。これから私達が普段話している会話の中に出てくる甲州弁を書き溜めて行きます。

あまんどう小さい種類の柿、実生で小さい木で秋になると小さい甘い実をつける。
あんぽ干し柿の柔らかいもの。
あらくま気が強く元気な子供、けんかに強い子供
ありぐるしい体が痛いほどでもなく、痒い訳でもなく、疲れている訳でもなく何となくそんな状態
あんま乳(特に子供に対して母親の)
いかだあいきましょう。「いかざあ」だが西郡ではざじずぜぞがだぢづでどの発音になる
いぐっちぐ交互、行ったり来たり「男と女がいぐっちぐに並べ」
いじゃあるざる。細い竹で出来ている手にもてる程度の小さい籠。昔は洗った食器などを入れた。
いっさら全然(言う事をいっさら聞かん)
うらっぽ先のほう 先っちょ 根菜類の頭部
うだる茹る(うだる暑さ)
えべ行こう。通常後ろに「し」をつけて「えべし」行きましょう「し」がつくと敬語になる
おいている生えている。*草がおいている
おえーる壊れる。または壊れること。
おさっさおっちょこちょい
おじどうさんお地蔵さんのこと おだらと同じでこの地方では「ざじずぜぞ」が「だぢづでど」になる
おだら甲州のざるうどん「おざら」だが西郡ではざじずぜぞがだぢづでどの発音になる
おぶちょう客を丁寧に扱わないこと不重宝から来て略されていつ「お」をつけて又丁寧な言いまわしにしている。客を送り出す時「おぶちょうでした」などと使う
おまんあなた「おまえ」が変形普通に言うほどの「おまえ」ほど強くない
おまんとうあななたち。
おもっせ大晦日
おぼこさん蚕のこと。ぼこは子供のこと子供より大事だから「ぼこ」に「お」がついた
おやす壊す
おやてっと助っ人 農家の農繁期に手伝ってくれる人
およっちょい似たような。
おさっさおっちょこちょいで軽い。
おやてっと手伝い(お金を払って手伝ってもらう人)
かええしいかわいく大切。
くで絡まること
くりょうください。
けけろ載せろ(棚へけけろ)
こいちょしないで 手を出さないで  言うな。{馬鹿あこいちょ・・・馬鹿言うな}
こうしおいで。「こう」が来いや、きなさいと言う意味でしをつけてへりくだる
こせえるこしらえる。作る。 (棚をこせえる)
ごっちょう面倒くさいこと  これは有名な甲州弁の一つ
こでえる栄養や肥料が不足で成長が遅れること
こんどし丸いざるのような籠。いじゃある(上記)より形は小さいが竹の目は粗い
ささらほうさらめちゃくちゃに混合された事
さこけイラガの幼虫 エメラルド色の毛虫で刺されると鋭く痛い、冬はしま模様の卵上の繭を作る
しけじけ注意深く(しけじけ見た・・・注意してみた)
しちょししないで
しっぷり根菜の使えない部分(細くなった根の様な物) 育たなかった根菜類(食べられない物)
じゃんけではないですか。
じょけるふざける。
すいよろ風呂のこと昔はこの地方は五右衛門風呂が多かった。丁寧には「おすいよろ」それを略して「おすよろ」又はただ「すよろ」とも言う
すえる腐る  食べ物や品物が腐る
ずく意気地
すごだあらわらで作った入れ物、俵を一回り大きくして二つに切ったような頑丈なもので農作業に使った。
せえたらおせっかい
せえこいい熱心で根気がある。(同じようなことを毎日熱心にる。)
せぎされえ側溝をきれいにすること。「せき」を「まっさら」にするからきた。
だっちもねえどうしようもないの意味でもうやわらかい感じ
ちみくる、ちみじくるつねる
ちんじくれる小さくなっている様子
ちょべちょべ軽口を簡単に言うことと、口が軽いこと
ちょっくら少しの間 例「ちょっくらすいよろにへえってくる」
つっぺーる穴や池や水路などに落ちること
つるしんぼう干し柿、枯露柿。
づでえ考えていたことより又は思っているより 例「づでえわからんひと」
どじくれるひねくれる。
ばんなり始まるところ(今からばんなり)
とびっこかけっこ  甲州弁は走ることを「とぶ」という。 走って来い・・・・とんでこい
ぬのこ綿入れ。綿の入ったはんてんを「ぬのこばんてん」
のもく怠け者(もう少し暗く重いイメージ)
はんで「なんども」に近いがもう少ししつこくなる
ひどろっちいまぶしい
ふだっぽい湿気っぽい、湿っている、洗濯物が乾いていない
ぶっちゃばく破くを強めた言葉
ぶんだす出かける
へちょごむ座り込む(正座や胡坐ではなくなんとなく腰をおとす)
ほうけ「そう」、をほうという。甲州弁では言葉の最後に「け」がつくことが多い
ほうずらそうでしょう。甲州弁ではそうがほうになる。「○○ずら」はよくつかう
ほうたらたくさん  大量の
ほうもんご飯だけでおかずは無い ほうもんで食う
ぼこ子供のこと。よいこは「いいぼこ」
ほんどってだけれども。話の内容を否定や転換するときなどに使う
ほうんなそうですよ
ぼっち蓋・栓 (ぼっちをする・・・栓をする)
まやう・まよう弁償する。
みんなんとみなさんたち。
むらんとり養蚕で蚕が育つときに蚕が多くいるところは速く桑がなくなり白くなるのでそこに桑を与えること。転じて全体の量を同じようにする。
めたなんども。
ももっちいくすぐったい
やっちょし行かせないで、しないで。
やせってー忙しい・・・気やせってーなどと使う
やんぎょう農作業に使う土を柔らかくする農具。
ようなごなかいれの後夕食までの間に一休みして何かを口にすること。おやつ
よっちょし寄らないで「ちょし」は言葉の尻に良くつく否定命令
よっちゃばる人が集まること。甲州全体で良く使われていた。
よばあれるいただく、ごちそうになる
わんだっこふたご 双生児

FrontPage
a:4304 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional